2020/04/17

教育および文化施設でのスマートな調整により人間工学を改善

ニュースと記事

今日、人間工学は、空間設計に関して広く考慮されている機能です。これは幸福と生産性の源として知られていますが、教室やトレーニングルームではまだ無視されています。しかし、研究では、人間工学が健康にプラスの影響を与えることが示されています。

 

人間工学を教育環境に取り入れている理由は?

 

教室は教師の職場であり、学生の学習の場です。人間工学に基づいた設定は、学習と健康に役立つ環境を作成するために不可欠です。

 

したがって、家具の選択は重要です。つまり、個人全体(年齢、サイズ、動きやすさ)を考慮する必要があります。また、研究により、特にエネルギーを費やす必要がある子供たちにとって、動かないことによって集中力が制限されることが明らかになりました。さらに、子供は急速に成長し、長期間、体のサイズが変わらないことはめったにありません。したがって、据え置きの家具は一般に子供には適していません。

 

動的ワークステーションは、すべての人の体の大きさと機動性に適応します。可変高さ要素により、誰もが容易に集中でき、最大の快適性を得られる、人間工学に基づいた位置を見つけることができます。

 

昇降可能デスクにより、立ったままの作業が可能になります。これは、エネルギーにプラスの影響を与えます。また、1日のうち数回立ち上がることで、疲労や筋骨格障害(特に首のこりや腰痛)が軽減されることも証明されています。授業が学生にとってストレスになる可能性があるとわかっている場合、これは無視できない要因です。

 

したがって、座った姿勢と立った姿勢を交互に切り替えて、身体的かつ知的に機敏になれる、柔軟な機器を提供することをお勧めします。

 

TiMOTIONソリューション

 

昇降可能デスクについては、TL20リフティングコラムをお勧めします。屋内での使用に最適な滑らかで静かな動きを実現します。このスリムなデザインはスペースを最適化し、控えめに家具に溶け込みます。T-TOUCH衝突防止システムが統合されたTC15P制御ボックスにより、2台のコラムを同期させることができます。必要に応じて、USBポートまたはTWCなどのスマートフォン用タッチ式充電器を装備できます。当社のTBB9バッテリーにより、デスクを自律させ、部屋の美観を妨げたり、ユーザーをつまずかせたりする可能性のある、目に見えるケーブルを回避できます。このシステムは、当社の2ボタンデジタルハンドセットであるTDH4で簡単に操作できます。

 

また、TiMOTIONは、教室の従来のホワイトボードを段階的に置き換える対話型ディスプレイを自動化するソリューションを提供しています。当社のTL18ACアルミニウムコラムは、画面の高さを調整し、他の装置を接続するためのソケットを備えています。ここでTA16 により、画面を傾けることができます。 静かでコンパクトなため、ユーザーの邪魔をせずに調整できます。オプションのホールセンサーは、正確な位置決めを保証します。すべてのシステムは、当社のTFH22ワイヤレスハンドセットとそのTRFレシーバーによって操作されます。

 

 

人間工学とカルチュラルメディエーション

 

カルチュラル・メディエーションの目的は、[1]誰もが文化にアクセスできるようにすることです。したがって、文化施設の設計を再考し、配布ツール(パネル、ディスプレイ、端末、画面など)へのアクセスを容易にすることができるため、人間工学は重要な役割を果たします。

 

たとえば美術館の家具の高さ調整により、個人の特定のニーズ(子供、大人、高齢者、または車椅子の人)に対応することができます。目的は、誰もが展覧会を徹底的に鑑賞し、インタラクティブなプラットフォーム(画面ゲーム、アンケート、シミュレーションなど)を問題なく使用し、体の大きさや機動性に制限されることなく訪問を完全に楽しめるようにすることです。

 

美術館の見学には1日ほどかかり、疲れる場合があります。調整式機器により、これらの疲労や関連する痛みを軽減し、各人のニーズに応じて最適化された没入型体験を提供することができます。

 

TiMOTIONソリューション

 

ディスプレイやその他の展示をサポートするために、TiMOTIONは、家具に直接フィットする最も目立たないコラムの1つであるTL25を提供しています。これは、より良い美学を維持しながら、人間工学をサポートします。システムを同期するTC15コントロールボックスにより、ペアで動作できます。当社の衝突防止センサーTCS1は、ユーザーの安全性を高め、システムが誤った取り扱いをした場合に設備に損傷を与えないようにします。このシステムは、当社のTFH13ハンドセットで簡単に制御できます。

 

当社のTL19電動コラムは、画面の高さを調整するための理想的なソリューションです。安定して静かで、ユーザーの快適性を維持し、スムーズでガタツキのない動きを実現できます。当社のTA29電動アクチュエータにより、画面を傾けてユーザーエクスペリエンスを最適化できます。堅牢で、重い負荷をサポートします。システムは、最大3台のモーターに対応ででき、TDH17ハンドセットで簡単に操作できるTC16コントロールボックスによるプログラムで同期できます。

 

情報パネルまたはパッドは、TL24コラムで調整できます。TA38などの別の電動アクチュエータを接続できるソケットが装備されています。サポートテキストや画像を傾けることで、人間工学を向上させます。コンパクトなサイズであるため、小さな家具に特に効果的です。このシステムは、当社のTC15コントロールボックスTDH17ハンドセットで簡単に操作できます。

 

 

すべての人にとってのアクセシビリティ

 

今日、アクセシビリティは、学習および文化機関の設計に不可欠な機能です。車椅子の利用者を含むあらゆる種類の方に対応するための施設が徐々に整備されています。電動ランプとリフトプラットフォームの設置により、身体の不自由な人がこれらの場所にアクセスできるようになり、容易に社会的な統合が推進できます。

 

TiMOTIONは、多数の機器を自動化し、すべての人々の日常生活を容易にするソリューションを提供しています。現在、人間工学は、公共の場で不可欠な機能であり、教育および文化施設に徐々に統合されています。パイプやコンプレッサーがないため、電動アクチュエータや電動コラムは、コンパクトでメンテナンスフリーであり、家具を問題なく自動化するための理想的なソリューションとなります。

 

配置されたスペースは、教育と文化へのすべての人のアクセスを容易にし、人々の間の不平等を減らすことができます。

TiMOTIONを選択して、機会均等を優先して行動し、機器の起動性を高め、各人の特定のニーズに合わせて調整できるようにしてください。

 

詳細については、最寄りの営業部門にお気軽にお問い合わせください!

 


[1]カルチュラル・メディエーションは、特定の対象者が文化にアクセスできるようにするために使用するすべてのリソースに対応します

This mobile site is designed for compatibility with iOS 8.0+ or Android 5.0+ devices.