2020/10/14

治療装置用電動アクチュエータの使用例

ニュースと記事

 

電動リニアアクチュエータ使用とリフティングコラムにより、さまざまな機械的動作と調整式医療機器の設計が可能になります。

 

2050年までに、世界の人口は100億人近くに達すると考えられます。その100億人のうち、20%は65歳以上、22%は肥満、12%は2型糖尿病、66%以上は人生で少なくとも一回は腰痛に苦しむ可能性があると予測されています。

 

人口増加と動きの少ない生活スタイルにより、治療と予防ケアに対する需要は高まることでしょう。現に、病院では患者の数が増大しています。また、予防の動きや、治療の実践が世界中でより広まってきています。

 

 

調整可能かつ人間工学に基づく医療機器で最高のケア品質を

 

すべての患者に最適な療法を提供するためには、度が高い人的資本と医療機器が必要です。電動リニアアクチュエータを使用することにより、人間工学に基づく調整式機器で各ユーザーのニーズを予測し、患者と介護者の快適性と安全面の期待に応えることができます。

 

電動リニアアクチュエータ使用とリフティングコラムにより可能になること

 

  • 完全に制御可能な調整

    電動アクチュエータとコラムを使用し、コントロールボックスに連携させると、デバイスをプログラムして同期させることもできます。これにより、スムーズな動作が実現できます。 

  • 正確な調整

    油圧および空気圧システムでは、電動アクチュエータやリフティングコラムのように正確なストローク調整を実現できません。医療環境において、機器の精度は外科的ケアで患者の安全を維持する上で重要な要素です。

  • 静かな調整

    医療現場は、患者にとってストレスや不安が高まる場所です。電動アクチュエータ使用により、大きな音を立てずに調節できるメカニズムは、患者バックグラウンドノイズを抑え、患者も不安を取り除くのに不可欠です。

  • 円滑な調整

    人間工学に基づくシンプルなハンドセットによる調整式機器は、回復期の患者、高齢者、または身体の不自由な患者に最適な、より優れたアクセシビリティと自律性を実現します。さらに、油圧および空気圧システムとは異なり、電動アクチュエータ使用によりはメンテナンスが不要です。信頼性が高く、パイプやコンプレッサーに関連の空気漏れや液漏れが発生しません。

 

電動アクチュエータとコラムは、ユーザーとヘルパーの両方に、より快適で安全な環境をもたらします。電動アクチュエータ使用により、人間工学的な姿勢を取りながら、介護者が自由に動くことを可能にします。姿勢の悪さを原因とする倦怠感や痛みは、健康や仕事の質に悪影響を及ぼす可能性があります。電動アクチュエータを使用した快適な姿勢により、介護者は患者を快適かつ安全に治療できるだけでなく、最高のなケア品質を提供することができます。  

 

 

電動リニアアクチュエータとリフティングコラムを装備する医療アプリケーション

 

電動アクチュエータとコラムを使用することによりは医療機器に付加価値をもたらし、医療分野で高まる需要を満たしています。  

 

 

電動リニアアクチュエータとリフティングコラム使用例

 

調整式の手術台・治療台・ケアテーブル・ウェルネステーブル

治療台やケアテーブルは、医療スタッフにとって必要不可欠なツールです。手術台、看護台、介護台は、すべての患者が治療の過程で使用する機器でもあります。医療スタッフは、患者の周りを動き回り、患者を安全に扱う必要があります。電動アクチュエータとコラム使用により、高さ、レッグレスト、背もたれなど、さまざまな部分の調整によって人間工学の技術をテーブルに落とし込むことができます。

 

TA36医療用電動アクチュエータ使用によりは、より高レベルの精度を実現します。軸方向のバックラッシュがほぼゼロであるため、高レベルの精度が必要な作業台の操作に特に適しています。

 

詳細情報:より良い医療の提供に、人間工学的診療台

 

TA36医療用電動アクチュエータ使用例

 

 

電動リニアアクチュエータとリフティングコラム使用例

 

電動式の病院用ベッドと医療用ベッド

医療用ベッドは病院環境において重要なツールです。患者は回復期の大部分を医療用ベッドで過ごします。電動アクチュエータを使用すると、人間工学に基づく調整機能により、患者が容易にベッドを快適に調整できるようになり、自律性が高まります。

 

TA31QR医療用電動アクチュエータ使用例としては、医療用ベッドの背もたれがあります。クイックリリース機能が、緊急時に迅速に平坦にすることが可能です。

 

詳細情報:病院向け電動ベッド用リニアアクチュエーター

 

TA31QR医療用電動アクチュエータ使用例

 

 

電動リニアアクチュエータとリフティングコラム使用例

 

電動式の医療シートおよび診断シート

病室には、患者と訪問者のための広々とした椅子が設置されているのが一般的です。電動アクチュエータを使用すると、病室の椅子から立ち上がるのをサポートするリフトシステムを装備することができます。また、より優れた調整機能により、背もたれの傾き、レッグレスト、ヘッドレストの動きなどを、快適にすることができるようになります。こういった電動アクチュエータを使用した椅子は、患者が横になる必要がない場合には、他のケア用として使用することもできます。

 

TA31電動アクチュエータは、医療用家具の装備に特に適しており、スムーズで静かな調整を実現します。

 

 

電動リニアアクチュエータとリフティングコラム使用例

 

調整式医療用サイドテーブルと介護カート

医療用カートとサイドテーブルは、電動コラムを使用して高さを調整できます。したがって、患者や介護者の身長に合わせることができます。看護師は通常、カートを使用して業務を行っています。高さ調整機能により、人間工学的な姿勢を取り、倦怠感の軽減や筋骨格系障害を予防することができます。 

 

TL27電動コラムにより、医療ワークステーションの調整を高い精度で行うことができます。AC出力を搭載し、コンピューターやモニターなど、現場活動に必要な他のデバイスに接続できます。  

 

TL27電動コラム使用例

 

 

電動リニアアクチュエータとリフティングコラム使用例

 

調整式イメージングデバイス

イメージングデバイスは、患者の体格とX線撮影領域に合わせて動きを正確に調整する必要がある機器です。この調整精度は、患者の安全を確保し、鮮明な画像を映し出すのに不可欠です。患者がポジショニングサポートの上に横たわっているときは、電動アクチュエータを使用したポジショニングサポートを調整すれば、X線装置で最適な位置を写す取得することもできます。電動アクチュエータとコラムの使用により、テーブルとイメージングデバイスを高い精度で調整することが可能となります。

 

TL3電動リフティングコラムは、最大4,000Nを処理できる堅牢なデバイスです。特に、イメージングデバイスなどの大型医療機器の高さ調整に適しています。

 

TA37医療用電動アクチュエータは、X線撮影を行う患者の医療用テーブルの高さ調整に最適です。 

 

TL3

TA37

調整式イメージングデバイス-TL3電動リフティングコラム-TiMOTION 調整式イメージングデバイス-TA37医療用電動アクチュエータ-TiMOTION

 

 

電動リニアアクチュエータとリフティングコラム使用例

 

調整式眼科用機器

電動リフティングコラムにより、眼科用機器の高さ調整を行い、患者の体格に正確にな適応することができます。施術者用椅子に装備することも可能です。デバイスの高さに応じて調整でき、患者の体格に関係なく、快適かつ人間工学的な姿勢を維持できます。 

 

TL27電動コラムは、特に医療機器の高さ調整用に設計されています。電源コンセント、イーサネットソケット、ハンドコントロールスロットを装備し、快適さと機能性を備えることができます。

 

TL27

調整式眼科用機器-TL27電動コラム-TiMOTION

 

 

電動リニアアクチュエータとリフティングコラム使用例

 

電動患者リフト

患者ホイストは、回復期の患者や身体の不自由な患者を動かすために、より高いレベルの安全性を必要とします。電動アクチュエータ使用により、介護者は、姿勢を維持することで、負荷がかかる動きに起因する筋骨格系障害を防ぎながら、身体の不自由な患者を穏やかかつ安全に移動できます。

 

TA23電動アクチュエータは、高い負荷を支えることができるため、患者用リフトに特に適しています。さらに、停電時に患者を手動で下げることができる手動リリース機能を装備することができます。着脱式バッテリーを備えるTC12ACコントロールボックスを組み合わせると、患者の安全性がさらに高まります。

 

詳細情報:患者リフト用途のための作動システム

 

TA23電動アクチュエータ、TC12ACコントロールボックス使用例

 

 

電動リニアアクチュエータとリフティングコラム使用例

 

垂直支援用電動機器

垂直補助機器には、電動アクチュエータまたはコラムを使用でき、身体の不自由な人が立ち上がる際に、転倒しないようにのをサポートできます。この機器は、患者が安全に立ち上がれるように、スムーズで滑らかな調整を実現します。これらは、病院のベッドや医療用椅子の近くで使用するのに特に適しています。

 

 

電動リニアアクチュエータとリフティングコラム使用例

 

電動調整式歯科用椅子

歯科用椅子では、施術者が適切なケアを提供できるように、さまざまな調整が必要となります。治療領域の視野を良好に保つために、患者を持ち上げて傾ける必要があります。これらの調整により、施術者はより快適な姿勢を取り、背中の痛みや首の緊張を防止することができます。

 

TFS8フットスイッチは、歯科用椅子など、手を使わずに調整が必要な機器に特に適しています。これにより、歯科医は、作業を中断したり、集中を途切らせることなく、患者の位置を正確に調整できます。

 

詳細情報:調整式椅子型診察台用電動リニアアクチュエーターおよびコラム

 

TFS8フットスイッチ使用例

 

 

調整式治療機器向けの当社ソリューション

 

当社は、ヘルスケア部門向けの完全かつカスタマイズ可能なソリューションを提供しています。医療機器の自動化と調整機能のために、電動リニアアクチュエータとリフティングコラム・ギアモーター・コントロールボックス・ハンドセットなどをメーカーに提供しています。

 

当社のデバイスは、医療環境に溶け込める、落ち着いた滑らかなアルミニウムデザインを特徴としています。また、ユーザーの安全性と快適性をさらに高めるために、以下のような多くのアクセサリを製造しています。ワイヤレスレシーバー・脚下灯・読書灯・緊急ボタン・呼び出しボタン・USBポート・ジャンクションボックス・圧力センサーなどです。

 

電動アクチュエータ使用例としての製品。電動リニアアクチュエータ、リフティングコラム、ギアモーター、コントロールボックス、ハンドセット

 

 

品質・安全性・および医療基準

 

当社の電動アクチュエータは丈夫な作りになっており、肥満用機器を含めて、高い負荷をサポートできるように設計されています。これらは、医療環境で問題なく動作するよう特別に設計されており、集中的な洗浄にも対応できるように、追加の保護等級を装備することができます。

 

品質と安全性を提供することこそが当社が最重要視していることです。当社のデバイスは厳密にテストされており(EMC)、欧州の医療規格であるEN IEC60601-1およびENIEC 60601-1-2を満たしています。これらは、電動医療デバイスの基本的な安全性と性能の要件を定義するものです。

 

治療機器向けソリューションの詳細については、最寄りの営業部門にお気軽にお問い合わせください。

 

詳細情報:

病院用アクチュエータの導入例

This mobile site is designed for compatibility with iOS 8.0+ or Android 5.0+ devices.