2019/02/14

患者と開業医のための人間工学に基づいた歯科用椅子

ニュースと記事

今日、歯の治療に行くと、歯科医がボタンを押し、歯科用椅子が魔法のように調整される光景を見かけます。実際には、この光景を実現し、歯科用椅子を最良の状態で動作させるのは、電動アクチュエータの洗練された動作機構です。

 

変化する医療環境

医学界はここ数十年で劇的に進化しました。人口は高齢化し、高齢者の数は増加しており、現代社会に特有の病状(肥満、腰痛、ストレス)が増えています。これらのすべての要因により、医療機関は、新しい、より大きく、より切迫した需要に適応しなければならなくなっています。

 

より切迫した需要

快適な医療に対する需要は、もはや治療そのものに限定されません。技術の加速により、患者と開業医は、快適性、安全性、衛生、速度、適応性、カスタマイズ性に関して、より厳格な要件を設定しています。彼らは、個別のニーズに応える、完全かつパーソナライズされたソリューションを期待しています。

 

間工学に基づいた調整可能な歯科用椅子

多くの人々は、依然として歯科医に行くことにストレスを感じています。空間、未知、痛みの恐怖など、これらすべての要因により、患者は緊張し、歯科医にとって最適なコンディションでの治療が困難となります。

 

このため、歯科治療機器は、あらゆる種類の不都合を防ぐために、慎重に設計される必要があります。歯科治療は、患者が診察台に座るところから始まります。そのため、人間工学に基づく椅子が不可欠です。また、アクチュエータはあらゆる体型の患者を支えられるよう、十分な強度を持つ必要があります。
診察台が調節可能であることも重要です。歯科医は、多くの場合、問診の間は患者を座らせ、治療の間は仰向けにし、患者の快適性を確保します。椅子にはさまざまな要素(高さ、傾き、ヘッドレストの位置など)の調整が必要です。そのため、滑らかに、静かに、同期して動作する、複数の電動アクチュエータが必要となります。したがって、患者を不安にさせ、治療を混乱させる可能性のある、ぎくしゃくした動きや不要な騒音は禁物です。

 

Ergonomic dental chair for patient comfort and safety

 

こうした不都合さは、歯科医にとっても疲労、筋肉の緊張、腰痛などのかたちで現れます。快適さは、患者だけの問題ではないのです。診察用の椅子も、歯科医の作業を容易にし、彼らが一日中さらされるストレスを軽減できるように設計されています。
フットスイッチは、歯科医が手を使わず、必要に応じて椅子を調整できるようにするという、重要な役割を果たします。これにより、歯科医は椅子の位置を変えるために治療を中断する必要がなく、患者への対応に集中することができ、効率性、衛生、安全性が確保されます。 

 

TiMOTION ソリューション

TiMOTIONでは、信頼性が高く、静かで、歯科用機器に簡単に組み込める、完全なソリューションを提供しています。

 

電動リニアアクチュエータ「TA23」により背もたれを降下させ、「TA32」によりヘッドの位置を調整し、「TA29」により椅子をリクライニングできます。この高度な可動性により、歯科医は患者の周りを動き回り、さまざまな位置で治療することができ、快適性と安全性が確保されます。さらに、疲労や痛みなど、歯科医の動きが原因となる、その他あらゆる肉体的ストレスの元を取り去ります。TiMOTIONは、椅子を迅速かつ安全に調整できる「TFS7/TFS6」フットスイッチと「TMH9」ハンドセットにより、このソリューションを補完します。

 

TiMOTION electric actuators for an ergonomic dental chair

 

今日、人間工学に基づく調整が可能な歯科治療用診察台は、治療現場の需要を満たす上で不可欠です。そこでは、電動アクチュエータの使用が必須となります。TiMOTIONは、完全な信頼できるソリューションを提供し、質の高い体験を提供して、患者の期待と歯科医のニーズを満たすことにより、お客様の事業の発展を支援することに取り組んでいます。
 
パーソナライズされた情報については、お近くの営業拠点までお問い合わせください。

This mobile site is designed for compatibility with iOS 8.0+ or Android 5.0+ devices.