生産ラインの再発明:工場における人間工学

2018.01.26

生産ラインの再発明:工場における人間工学

ブログ記事

今日、人々は人間工学を日常生活に取り入れる必要性をより認識するようになっています。これは職場においても同しように明白です。多くの企業は、現在高さ調節可能デスクをオフィススペースに取り入れていますが、工場で人間工学を考慮する必要があります。人間工学を生産ラインに実装すべき理由は数多くあり、雇用主と従業員の両方にメリットがあります。

典型的な生産ラインでは、産業用ワークステーション、コンベアベルト、包装機などの用途があります。これらのいくつかは機械的またはロボットによるソリューションによって運営されていますが、人間が手を貸す必要がある領域はまだあります。このような場合、潜在的なリスク要因を減らすために、作業領域が人間工学的に設計されていることが重要です。例えば、工場における作業には多くの反復性があります。この作業を実行しているとき、従業員の姿勢が不自然だったり、身体に何らかの負担がかかっていると、実際に損傷として累積する可能性があります。これらのストレスは、手根管症候群、腱炎、または関節炎などの反復性運動障害、RMDさえも引き起こす可能性があります。

 

 

反復性運動障害は、従業員にもたらす痛みや不快感に加えて、多くの労働者を休業させる怪我の原因となります。これによって、生産性の低下がもたらされ、雇用者が負担する労働者報酬保険料も引き上げられます。人間工学を念頭に置いてワークステーションを設計することで、RMDを発症するリスクを減らすことができます。身長の異なるすべての作業員に対応できるように、全ワークステーションの高さは調整可能でなければなりません。さらに、工場内のさまざまな用途を、リフティングコラムやアクチュエーターなどの電気式リニア作動を使用して、調整可能な機械に変えることができます。終日座ったまま、立ったままでいることを必要とする仕事が、より高い心臓病リスクに関連していることを多数の研究が示しており、これは重要なポイントであると言えます。高さ調整可能ステーションを使用することで、生産作業者にとってこのリスクを軽減することができます。

 

 

米国の製造業は依然として堅調に推移しており、多くの場合、労働力の年齢が上がっています。そういうわけで、工場を人間工学的見地から機能させることは絶対条件です。会社が時間をかけて従業員の健康と生産性に初期投資をするとき、確実に長期的な見返りを生み出すことになります。

当社の完全高さ調節可能デスクフレームキットソリューションの詳細については、www.timotionergo.comをご覧ください。

This mobile site is designed for compatibility with iOS 8.0+ or Android 5.0+ devices.