人間工学が医療分野で利用される3つの方法

2019.01.03

人間工学が医療分野で利用される3つの方法

ブログ記事

人間工学は私たちの生活のあらゆる面で不可欠です。オフィス環境での仕事に関連して、この言葉を聞くことが多いですが、これは一般的に医療分野に関連付けられているテーマではありません。

 

病院職員は通常12時間交代制で勤務しており、自分のエネルギーを最も効果的で快適に使えるようにすることは非常に重要です。人間工学は、病院職員がより良い状態で働けるようにするだけでなく、患者にさらなる快適さを提供します。

 

以下は人間工学の定義の1つです:

ものを人に適合させる科学。人間工学は、人体のエネルギーを最も効果的に利用するために、解剖学、力学、生理学、心理学の分野からの知識を使用します。人間工学的なものは、安全、快適、効率的に使用できるように設計されています。

 

当社のホワイトペーパー「電動モーション技術が病院をどう変えるか」をお読みになられましたか?これは、患者の快適さ、患者の安全性、スタッフのアクセスなど病院で、および在宅医療で、電動リニアアクチュエーターとリフトコラムがどのように使用されているかについて詳しく説明したものです。

 

以下は、医療分野で人間工学的概念を採用したアプリケーションの3つの例です。

 

1. 高さ調整可能な医療用カート

クラッシュカートからIVカートまで、さまざまな種類の医療用カートがあります。医療用カートは、通常、病院の周りを回って部屋または必要な場所に移動します。他の機器と同じように、これらは標準サイズであり、通常は調整されません。

 

上記の人間工学の定義を思い出してください。身長の異なる医師や看護師が快適かつ効率的に仕事をできるようにすることで、より適切なプロセスが可能になります。これは電動モーションを追加することにより実現されます。

 

2. オーバーベッドテーブル

これらのテーブルは一般的に病院ベッドのそばに配置され、回転させて患者の上にスライドされます。これにより、患者は色々なことができるようになります。その中でも食事は最も重要なことです。テーブル、特に高さを適切に配置することが重要です。

 

ほとんどすべての病院がこれらのテーブルを使用していますが、これらの多くはまだ手動調整式です。一般的に看護師や医師のみがテーブルを調整することができます。電動コラムを使用するシンプルな上下の切り替えにより、患者が快適になるよう高さを調整し、スタッフは別な作業に移行することができます。

 

3. 調節可能な病院用ベッド

このリストの中で最も重要な用途の1つである病院用ベッドでは、電動モーションが活用されています。入院/通院した経験がある方なら、電動モーションを採用したベッドを使ったまたは見た経験があると思います。これらのベッドは完全に調節可能であり、足、背中、頭の領域を患者にとって快適になるように配置することができます。

 

これらのベッドはコントロールパネルを使用して看護師または医者によって動かすことができ、患者はハンドセットで制御することができます。

 

人間工学の概念は、オフィス、学校、製造工場から産業界へと着実に移行していますが、医療分野は急速に進歩しています。

 

当社の特定の医療用リニアアクチュエーターまたはリフトコラムの詳細については、ここをクリックしてください

This mobile site is designed for compatibility with iOS 8.0+ or Android 5.0+ devices.