Electric linear actuators in disability vehicels

2018.07.25

障害者用車両における自動化

ブログ記事

障害者のための移動支援ソリューションは、個人の家のみにとどまるものではありません。幸いなことに、公共スペースは身体の不自由な人にとってますます利用しやすくなっています。彼らにとって利用可能な交通手段が、彼らのニーズを満たすように設計されていることもまた重要です。電動リニアアクチュエーターは、車両に容易に装備することができます。

 

ここでは、電動リニアアクチュエーターによって実現した、障害者用車両内の用途の例を紹介します:

  1. 車椅子/スクーターリフト - 移動支援装置は、重くてかさばることがあります。自分の車にリフトを取り付けることは、ユーザーにとって移動を容易にする唯一の論理的な解決策です。電動アクチュエーターを使用すると、移動支援装置を車内に持ち上げるプロセスが、よりスムーズかつ静かで、効率的なものになります。

 

2. プラットフォームリフト - スクーターや車椅子を車内に持ち運ぶ際の安全性を高めるために、プラットフォームリフトについても同じことが言えます。これらのリフトは、後部に設置されたプラットフォームを安定して上下させ、運搬を容易にします。

 

3.折りたたみ式スロープ - 折りたたみ式スロープは、車椅子用傾斜路の折りたたみまたは展開を行い、車両への出入りを容易にします。

 

 

4.自動ドア - 電動リニアアクチュエーターによって自動的に操作されるドアは、滑らかで効果的な動きをします。これにより、障害のあるユーザーが自分の車に出入りするために必要な作業を減らすことができます。

5.カーブサイドリフト - この種のリフトは、ホイストを介して移動支援装置を輸送します。 これは、電動リニアアクチュエーターの理想的な用途です。この装置を使用して、ユーザーは、これらの装置を車両に隣接して位置決めし、ドッキング装置を接続して、装置の輸送開始ボタンを押します。

 

 

6. 電動サイドステップ - これらは、障害者用車両に出入りするためのもう1つの選択肢です。電動リニアアクチュエーターにより、これらのステップの内外への折り畳みを操作することができます。

 

障害者用車両をより強く、よりスマートに、より効率的にすることに興味がおありなら、www.timotion.comで当社の電動モーションソリューションを検討するか、営業担当者(sales.jp@timotion.com)に連絡してください。 

 
This mobile site is designed for compatibility with iOS 8.0+ or Android 5.0+ devices.