映画館での体験の良し悪しを左右する1つの要因

2017.07.20

映画館での体験の良し悪しを左右する1つの要因

ブログ記事

映画館が嫌いな人はいないでしょう。バターポップコーンの香りに包まれ、映画が観たくてたまらなくなる雰囲気にさせる何かがあります。数時間の間、現実から逃れて楽しめるチャンスです。しかし、熱心な映画ファンなら誰でもよく知っているように、映画館での体験を良いもの、または悪いものにする1つの要因があります。これは座席の品質です。映画のチケットを購入するということは、実際の映画だけでなく、その実質的な体験に対してお金を払うということです。不適切な座席は、その体験に悪影響を与える可能性があります。15ドルものチケット代を支払って映画の最中に不快になるだけです。幸いなことに、顧客に理想的な映画体験を提供するために、多くの映画館が人間工学的に設計された調節可能な座席を組み込み始めています。これらの人間工学的ソリューションは、作動機器なしでは不可能です。

 

リクライニングチェアの中にある電動リニアアクチュエーターにより、映画鑑賞者は、ボタンを押すだけで正確に調整することができます。映画鑑賞者が直立着座位置に留まりたいか、または横臥位置に移行したいかにかかわらず、アクチュエーターにより、これを行うことができます。映画を観るときに目の前の観客に視界が妨げられるようなことがあっても、この技術があれば、本人に声をかけずとも、問題を解決することができます。また、1つの位置にずっととどまることから生じる筋肉のけいれんを防ぐことができます。

 

言うまでもなく、映画館の環境の性質を考えると、柔軟性は必要です。これら椅子は、すべての体格の人(背の低い人、背の高い人、小柄な人、太りすぎの人)を収容できるように設計されていなければなりません。アクチュエーターに高い負荷と可動域が不可欠なのはこのためです。以下は、映画館の座席にぴったり収まる、当社のコンフォートモーションシリーズのソリューション例です:

 

  • TA6アクチュエーター

TA6アクチュエーターは、直角設計でノイズを低減し、ほとんどの用途に適合します。

 

 

  • TA14 アクチュエーター

TA14はダイレクトカットシステムとして機能し、コントロールボックスが不要です。

 

  • TFH2 コントロール

目立たず、洗練された、TFH2コントロールにはバックライトがあり、リクライニングチェアに直接埋め込むことができます。

 

 

これらの作動ソリューションは、映画館体験を劇的に改善します。次回は、素晴らしく設計された、快適な座席でくつろぎの特権を手に入れたときに、その背後にある技術を理解することができます。

This mobile site is designed for compatibility with iOS 8.0+ or Android 5.0+ devices.